architecture

K(東京都目黒区中央町)

目黒区に建つ専用住宅の建坪はわずか6.6坪。RC造(一部鉄骨造)3階建ての狭小住宅です。クライアントは50代のご夫婦と娘さんの3人。独立したそれぞれの大人の家族が暮らす二世帯住宅です。

敷地は2つの狭隘道路に面したいびつな四角形という厳しい条件。それゆえ、建物はセットバックを余儀なくされました。この難題を乗り越え、最大ボリュームを確保すべく、1階を半地下とし、最上階は小屋裏とするプランを選択。2階建てエリアで3層を確保することに成功しました。

娘さんと奥様の寝室を配置した1階と2階には、シャープな水平窓を配置し、周辺環境からの視線をカットしつつも、建物の外観デザインを形成。勾配屋根となる3階の東南屋根面を全てトップライトとすることで、十分な光がグレーチング階段を介して1階まで降り注ぎます。「延床面積20坪で3人暮らし」という厳しい条件にもかかわらず、家族の個性が余計な贅肉を殺ぎ落とし、結果的にシャープでシンプルな空間となりました。まさに「身の丈の家」の代表です。

■DATA

所在地 東京都目黒区中央町
竣工 2004年4月
敷地面積 40.81㎡(12.34坪)
建築面積 22.20㎡( 6.71坪)
1F床面積 22.20㎡( 6.71坪)
2F床面積 22.20㎡( 6.71坪)
3F床面積 22.20㎡( 6.71坪)
延床面積 66.60㎡(20.14坪)
構造 鉄筋コンクリート壁式構造(一部鉄骨造)
規模 地上3階建
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 木村良三工務店
建築写真 松田幸久
■土地探しコース
仲介:トランジスタ(木村茂)
■MEDIA
「home review」(インド)
「CASA Living」(韓国)
「Small House Tokyo」(アメリカ)
「BUSSINES WEEK」
「狭小住宅5」
「Memo 男の部屋」
「LIVES」
「designboom」
「designflux」(韓国)
「狭小住宅イズム」