architecture

SWITCH(東京都品川区大井)

品川区大井にある創業85年の老舗の鰻屋さんの建替計画。道路拡張により、敷地縮小が余儀なくされたクライアントのご主人は、創業100年目を新たな場所で迎えることを決意。コンクリートによるモダンな店舗併用住宅の計画が始まりました。

敷地は間口が広く、奥行きが浅い鰻の寝床。ファサードの面積が大きくなる利点を生かし、1階は開口部の少なくし、黒い杉板塀の路地を髣髴したデザインとすることで、老舗の風格を表現しています。2階の居住階はコンクリート打ち放しのデザインでコントラストを表現しました。4.5mのキャンティレバーをもつバルコニーはさながら船のよう。エリアで圧倒的な支持を得る老舗の客層やこれまでの雰囲気をベースにしつつも、新たな領域へのチャレンジを目指しています。

2008年日本建築家協会優秀建築選200受賞
エアスタイルコンテスト特別賞受賞

■DATA

所在地 東京都品川区大井
竣工 2006年6月
敷地面積 82.07㎡(24.82坪)
建築面積 64.60㎡(19.54坪)
1F床面積 58.32㎡(17.64坪)
2F床面積 58.32㎡(17.64坪)
3F床面積 12.93㎡(3.91坪)
延床面積 123.02㎡(37.21坪)
構造 鉄筋コンクリート壁式構造
規模 地上2階建+ロフト
用途 専用住宅
家族構成 夫婦(40代) 子供2人
構造設計 増田構造計画
  増田浩之
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 木村良三工務店
建築写真 西川公朗
■MEDIA
「B・1 MAGAZINE」(タイ)
「Memo 男の部屋」
「Small House Tokyo」(英国)
「satisphere4」
「東京カレンダー」
「建築知識」
「現代日本の建築家2009」
「アーキテクチャーハイライト2」(中国)
「現代日本の空間vol.1」
「現代日本の建築vol.2」
「狭小住宅イズム」
「散歩の達人」