architecture

TUTU(東京都墨田区立川)

墨田区の閑静なエリアに建つ建坪わずか8坪の鉄骨造3階建ての狭小住宅。クライアントは20代半ばの若いご夫婦。競売で手に入れた土地は、間口3.5m、奥行き11mという厳しい条件ながらも、裏面が公園に面する好立地。その鰻の寝床状の敷地に建つ建物は、間口が3m、奥行き9mというスリムな形状です。

将来は建築が密集することが予測できる環境であるため、長辺方向には極力開口部を設置せず、構造壁とし、間口方向をフルオープンとしました。結果的にあらわれた空間は、まさに「筒」のようなフォルム。視覚的にも非常に抜けの良いモダンな住宅です。

樹木が生い茂る公園に敷地が面していたおかげで、室内からは鮮やかな緑が借景として望め、間口の狭さを感じることはありません。最上階に配置したトップライトから降り注ぐ光が、階段を介し、純白の壁に光と影を落とします。その光景は、一日中家の中にいても飽きるどころか、ここが狭小敷地であることを忘れさせてくれます。敷地の悪条件を建築で逆転した好例といえるでしょう。

■DATA

所在地 東京都墨田区立川
竣工 2004年4月
敷地面積 39.26㎡(11.87坪)
建築面積 27.00㎡(8.16坪)
1F床面積 27.00㎡(8.16坪)
2F床面積 27.00㎡(8.16坪)
3F床面積 27.00㎡(8.16坪)
延床面積 81.00㎡(24.50坪)
構造 重量鉄骨造
規模 地上3階建
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 鈴圭工務店
建築写真 松田幸久
■MEDIA
Contemporary prefab houses
「CASA Living」(韓国)
「Memo 男の部屋」
「LiVES」
「建築知識」
「busyboo」
「designflux」(韓国)
「狭小住宅イズム」