architecture

SLIT(東京都葛飾区堀切)

大手メーカーにお勤めのご主人と奥様は、小さなお子さんが生まれたばかりであることから、3人で新たな生活をするための土地を購入することを決意しました。

駅にもほど近い商店街に位置する下町の敷地は、住宅地でありながらお店や事務所なども混在する東京らしい一角です。

間口が小さいうなぎの寝床状の敷地であることから、今回は施工の難易度を考慮し、鉄骨造を採用しました。

下町の商店街に挿入された白いボックスは、控えめながらも確かな存在感があり、豊かな生活が繰り広げられる内部でも、吹き抜けやオブジェ階段などのモダンな仕掛けが随所に盛り込まれています。

2008年 日本建築家協会優秀建築選200受賞

■DATA

所在地 東京都葛飾区堀切
竣工 2007年11月
敷地面積 47.84㎡(14.47坪)
建築面積 32.40㎡(9.80坪)
1F床面積 20.57㎡(6.22坪)
2F床面積 32.40㎡(9.80坪)
3F床面積 32.40㎡(9.80坪)
延床面積 97.20㎡(29.40坪)
構造 重量鉄骨造
規模 地上3階建
用途 専用住宅
家族構成 夫婦(30代) 子供1人
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 sobi
建築写真 西川公朗

 

■土地探しコース

仲介:トランジスタ(木村茂)
■MEDIA
「SMARTインテリアブック」
「Yea!」
「現代日本の建築家2009」
「建築知識」
「LiVES」※表紙(カバー)
MOCOLOCO」(イタリア)
MIND THE BEGINNER
「All About」