architecture

BLEU(東京都大田区池上)

大田区の線路沿いの敷地に建つコンパクトな住宅の計画。この土地を購入したのは、某有名オフィスインテリア関連会社にお勤めの旦那様と、設計事務所に勤務経験のある奥様のカップルです。

1階を賃貸空間とし、2階、3階を自宅として使用するべく、コンパクトでありながら、ダイナミックな構成が求められました。

電車の線路に面するファサードには大胆な開口を設けているものの、反対側にはジャグジーバス付のコートハウスを設置し、プライバシーをしっかりと確保しています。

屋上利用もできるようデザインしたフラットルーフのコンクリート打放しの外観は、シンプルでありならも存在感がある、不思議なヴォリューム感になっています。

■DATA

所在地 東京都大田区池上
竣工 2008年8月
敷地面積 74.50㎡(22.53坪)
建築面積 44.10㎡(13.34坪)
1F床面積 36.00㎡(10.89坪)
2F床面積 40.50㎡(12.25坪)
3F床面積 33.21㎡(10.04坪)
延床面積 109.71㎡(33.18坪)
構造 鉄筋コンクリート壁式構造
規模 地上3階建
用途 専用住宅
家族構成 夫婦(30代) 子供1人
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 上島工務店
建築写真 西川公朗
■MEDIA
「MONO Magazine」
「SUSU-素住-」
「DIME」
「住宅情報 都心に住む」
「新しい住まいの設計」
「建築雑誌」(日本建築学会)
「建築知識」