architecture

LINEA(宮城県仙台市青葉区)

敷地周辺には、商業施設などが建ち並ぶ、交通の便も良い仙台の中心地。敷地は細長い位置指定道路の突き当たりにある一角です。

建主である広告代理店にお勤めで、サーフィンが趣味のご主人と、某有名アパレルにお勤めの奥様は、とてもさわやかなナイスカップル。

2人が目指した家は、一言で言えば、洗練されたシンプルさを徹底的に追及した空間です。

セキュリティーを高める為、道路に面した正面には、横長のハイサイド窓を除いてほとんど開口部を設けず、控え目ながら凛としたファサードをを実現しました。

平面は南東側に開いたL字型平面のコートハウスであることから一歩内部に入ると開放的な外部空間を肌で感じることができるなど内外のコントラストに特徴をおいています。

オブジェのようなL型のアプローチ階段の先は、リビング、ダイニング、キッチンがそれぞれ雛壇のようにステップで繋がれています。

家のどこにいても、家族が一体となる気配を感じることができるでしょう。

■DATA

所在地 宮城県仙台市青葉区
竣工 2011年11月
敷地面積 180.51㎡(54.60坪)
建築面積 74.53㎡(22.54坪)
1F床面積 54.65㎡(16.53坪)
2F床面積 71.77㎡(21.71坪)
延床面積 126.42㎡(38.24坪)
構造 木造
規模 地上2階建
用途 専用住宅
家族構成 夫婦(30代) 子供1人
構造設計 野村一級建築事務所
  野村基
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 丸本組
建築写真 西川公朗