architecture

WRAP(愛媛県松山市)


 建主は広告代理店に勤めるグラフィックデザイナーで、眺望を獲得できる高台に土地を購入し、開放性の高い建築空間を望んだ。杉板コンクリート打放し塀とガルバリウム鋼板の外壁がクールな対比を生みだし、端正な外観を構成している。大きな開口部を介して木構造の一部が垣間見える部分を除き、外部から内部の様子を窺い知ることはできない。

  木製門扉の内側にはRC壁で囲われたエントランスコートが現われ、夜には間接照明が主を出迎える。玄関ドア正面にはオブジェのような鉄骨片持ち階段を設えた。奥に広がるバスコートにはグレーチングを介して柔らかな拡散光が降り注ぐ。主に1階には浴室や個室を設え、全空間が中庭に面するよう計画した。子供室の中庭にあるシンボルツリーのヒメシャラはファサードのアクセントにもなる。

  階段を上がると2階の壁と天井を一体化する構造体が徐々に姿を現す。連続的に組み上げられた三角構面はSPFとLVLの組み合わせで構成され、床からスリークッションで軒先まで繋がるシェル空間の内部には柱がない。また、開口部は木製4枚引戸とし、バルコニー手摺を透明強化ガラスを用いて高い開放性をつくりあげた。妻側の家具内にキッチンやリビングの諸機能が収納され、色を白にすることで構造体とのコントラストをつくり出す。

  随所に仕掛けられた照明はすべて建築化照明とし、ダイナミックな構造体が間接光で包みこまれる夜のシーンは筆舌に尽くしがたい空間が広がる。


■DATA

所在地 愛媛県松山市
竣工 2015年3月
敷地面積 132.38㎡(40.04坪)
建築面積 75.01㎡(22.69坪)
1F床面積 67.49㎡(20.41坪)
2F床面積 45.55㎡(13.77坪)
延床面積 113.04㎡(34.18坪)
構造 木造
規模 地上2階建
用途 専用住宅
構造設計 ロウファット ストラクチュア
  横山太郎
設備設計 松本尚樹
照明設計 シリウスライティングオフィス
  戸恒浩人
施工 富士造型
建築写真 西川公朗

 

記事や写真の無断転載を禁じます